退院後の生活

頸椎の手術後

してはいけない動作、気をつけなければならない動作

首を前後左右に過度に曲げたり、ねじらないようにしましょう。また首を回さないようにしましょう。首を動かす時はゆっくり行うように心がけます。
このことは完全に骨がつくまで(約2~3ヶ月間)守りましょう。詳しくは主治医に確認して下さい。

日常生活について

pct3g1・ 頸椎の固定装具について

退院後の装具使用の有無や使用する期間は、術式や患者さんの骨の状態などによって違いがあります。必ず主治医に確認して下さい。
取り外しが困難な場合は、家族の方に協力してもらいましょう。
汚染した場合は、水拭きか手洗いをした後、ドライヤーなどで乾かして下さい。また、装具が破損してしまった時は、すぐに病院に連絡して下さい。

・ 睡眠

寝る時は装具を外しても構いません。ただし、無意識のうちに首が横を向かないように、頭の左右を雑誌や枕などで固定します。枕の高さは、低めのものを選びましょう。入院中と同じくらいのもので良いでしょう。

pct3g2・ 洗面/入浴

姿勢に不安がある時は、入浴用の装具をつけると安心です。

・ 自動車等の運転

首の動きが制限されている間は視野が狭くなるため、自動車や自転車の運転はとても危険です。また、鎮痛剤などは眠くなる成分を含んでいることがあるので注意が必要です。必ず主治医に相談してから行って下さい。

・ 仕事(会社での仕事/家事)

病気の程度にもよりますが、事務仕事程度の軽作業であれば、退院後から復帰が可能です。しかし、指示された期間内は装具を着用していて下さい。また、復帰直後から無理をしないようにしましょう。就労については、必ず主治医と相談して下さい。
家事についても、暫くは不自由があると思います。動作はゆっくり行うように心がけ、無理をしないようにしましょう。

腰椎の手術後

pct3g4

pct3g3

してはいけない動作、気をつけなければならない動作

力仕事や腰に負担のかかる動作は避けましょう。また、動作はゆっくり行うよう心がけましょう。
固定術を行った場合は、腰を過度に前後左右に曲げたり、捻ったりそらしたりしないようにします。
このことは完全に骨がつくまで(約6ヶ月間)守りましょう。
詳しくは主治医に確認して下さい。

 


固定術後に注意が必要な動作を動画で見る(音声あり)

しゃがみ方を動画で見る(音声なし)

日常生活について

pct3g5・ コルセットについて
退院後のコルセット使用の有無や使用する期間は、術式や患者さんの骨の状態などによって違いがあります。必ず主治医に確認して下さい。
コルセットは下着の上から着用しましょう。汚染した場合は、水拭きか手洗いをした後、ドライヤーなどで乾かして下さい。また、装具が破損してしまった時は、すぐに病院に連絡して下さい。

・ 入浴

入浴に不安がある場合は、立った状態または椅子に腰掛けてのシャワー浴でも良いでしょう。背中の部分はこすらず、手で優しく洗うようにしましょう。

・ 自動車等の運転

乗り降りの際に必要以上に腰を捻らないようにしましょう。運転を始める時期については主治医に相談して下さい。


しゃがみ方を動画で見る(音声なし)

pct3g6・ 仕事(会社での仕事/家事)

就労については必ず主治医と相談して下さい。
いずれにしても復帰直後から無理をしないようにしましょう。家事についても、掃除にはなるべく柄の長い掃除機を使用したり、買い物の時はカートなどを利用するようにしましょう。

・ 体重管理

体力を回復するために適切な栄養摂取は大切です。しかし、腰への負担を軽くするため、太りすぎには注意しましょう。