後縦靭帯骨化症/OPLL (こうじゅうじんたいこつかしょう)

pct2b1椎体の後面に付着している後縦靭帯が骨化する(骨に変性する)疾患です。骨化して肥大した靭帯が脊髄や神経根を圧迫すると、手や足、体幹の痛み、しびれや運動障害などをきたします。中年期以降に症状があらわれることが多く、また、その他の脊椎の靭帯(黄色靭帯や前縦靭帯)や、脊椎以外(膝や股関節など)の靭帯の骨化を合併していることもあります。

 

 

原因

原因は不明で国の特定疾患(難病)に指定されており、治療費が助成されます。

自覚症状

  • 頸椎後縦靭帯骨化症

最も多く発症する部位が頸椎です。女性よりも男性に多く見られます。上肢、下肢のしびれで始まることが多く、進行すると手先の細かい動作が困難になったり、排尿障害(頻尿や尿が出にくいなど)、歩行障害へと進行していきます。

  • 胸椎後縦靭帯骨化症

男性よりも女性に多く見られます。多くは下肢の脱力やしびれで始まります。進行すると排尿障害や歩行困難が出てきます。他の脊椎の靭帯骨化を合併することも多く、この場合は狭窄の程度がひどくなったり、上半身の動きが制限されることがあります。

  • 腰椎後縦靭帯骨化症

歩行時の下肢の痛みやしびれ、脱力感が出ます。骨化した部分に外部から衝撃を受けると、急激に症状が悪化することがあります。

治療

固定装具や牽引(引っぱる)などの保存療法と手術療法がありますが、手先の細かい動作が困難になったり排尿障害、歩行障害などの脊髄症状を呈する場合は保存療法では改善されないことが多く、手術療法の適応となります。
コンピュータエックス線断層検査(CT)ではじめて判るくらいの小さな後縦靭帯骨化は症状を出す心配がないことがあります。治療については、専門医に相談してください。