神経

脊柱管(せきちゅうかん)には、脳から伸びている脊髄(せきずい)が通っています。
脊髄は、体の末端、つまり末梢(まっしょう)へ伸びる神経の枝を出しながら第1~第2腰椎(L1~L2)のあたりまで伸び、その先は、馬のしっぽのように分岐します。この部分をその形状から馬尾(ばび)と言います。
脊髄から枝分かれした直後の神経は神経根(しんけいこん)と呼ばれ、椎体と椎体の間にできる左右の空間 (椎間孔:ついかんこう)から体の末梢へと枝分かれしていきます。

脳と脊髄の働き

1-C1脳と脊髄は生命を維持する活動に関わる神経で脳は感覚(知覚)を分析して筋肉を動かす(運動)指示を出します。脊髄は体の各部から送られた情報を脳に伝え、脳はその情報を分析/判断して脊髄に指令を出します。
脊髄はその指令を受けて体の各部に必要な反応をおこさせるよう働きます。
また、脊髄は危険から身を守るための“反射”に関係しています。例えば熱い物に触った時にさっと手を引っ込める動作が“反射”です。
脊髄が圧迫されたり傷ついたりすると、体の各部で反射の異常が見られる場合があります。

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る