腰部脊柱管狭窄症(ようぶ せきちゅうかん きょうさくしょう)

F
pct2e2

脊髄の通っている脊柱管が狭くなり、神経が慢性的に圧迫されている状態をいいます。

原因

狭窄の原因としては、椎間板ヘルニアや変性すべり症、加齢にともなう椎間板、椎体、椎間関節や椎弓の変性によるものが挙げられます。そのため、負担のかかる腰部に多く見られ ます。この他、外傷や先天的な骨の形成不全によっておこる場合もあります。

自覚症状

神経が圧迫されることで、狭窄のある部分の痛みや、下肢の痛み、しびれ等が出ます。
腰部の脊柱管狭窄の特徴的な症状として、歩いたり立ち続けたりしていると、下肢に痛みやしびれが出て歩けなくなり、暫く休むと症状が無くなるという間欠性跛行かんけつせいはこうがあります。
神経根が障害されている場合は、下肢やお尻の痛み(時にしびれ)が出ます。馬尾神経が障害されると、下肢やお尻にしびれやだるさなどを感じたり、頻尿などの排尿障害や排便障害をきたすこともあります(馬尾症候群)。
また、神経根と馬尾神経の症状が混合している場合もあります。
ごくまれに、腰部のほか頸部や胸部など広範囲におよぶ脊柱管狭窄症があります。その場合は、四肢や体幹の痛み、しびれや筋力低下、四肢の運動障害、間欠性跛行や排尿障害、排便障害をきたすことがあります。

治療

神経根のみの障害では、薬物療法やブロック療法などの保存療法が有効な場合が多く見られます。 馬尾神経が障害されている場合は、保存療法では効果のない場合が多く、手術療法の適応となります。