文字サイズ

脊柱側弯症手術
(せきちゅうそくわんしょうしゅじゅつ)

脊柱の変形を矯正する手術です。脊椎に金属を固定して弯曲を矯正していきます。
前方アプローチ、後方アプローチによる手術があり、患者さんの年齢や弯曲の部位、角度等によって異なります。

動画で見る脊柱側弯症手術(後方アプローチ)

適応となる主な疾患

脊柱側弯症

術後の経過

ベッド上安静の期間

患者さんの状態によって異なりますが、術後5日~1週間でのコルセットを装着しての歩行が目安となります。

固定装具(コルセット)

患者さんの状態によって異なりますが、術後3ヶ月程度はコルセットを装着します。

合併症

  • 脊髄や神経根の損傷
  • 出血
  • 椎体周辺の大血管、臓器の損傷(前方アプローチの場合)
  • スクリューやプレート等の折損
  • 感染
  • 深部静脈血栓症