腰椎椎間板切除術

神経を圧迫している椎間板を切除する手術です。
後方アプローチによる手術が一般的で、従来行われてきた部分椎弓切除による椎間板切除術(Love法:ラブ法)をはじめ、近年では顕微鏡下椎間板切除術や内視鏡下椎間板切除術といったより侵襲の少ない手術法も導入されています。

動画で見る部分椎弓切除による椎間板切除術(Love法)

適応となる主な疾患

腰椎椎間板ヘルニア

術後の経過

● ベッド上安静

患者さんの状態によって異なりますが、Love法の場合は術後1~3日目からコルセットを装着しての歩行が目安となります。
内視鏡下椎間板切除術では手術翌日からの歩行が可能です。

● 腰椎の固定装具(コルセット)

患者さんの状態によって異なりますが、術後およそ1~3ヶ月間はコルセットを装着します。

合併症

  • 周辺の神経や組織、血管等の損傷
  • 感染
  • 深部静脈血栓症