頸椎前方除圧固定術

前方侵入による手術です。
椎体を削って神経の圧迫を取り除き、骨盤から採取した骨や金属製の内固定材(ケージ)などを補充して固定する手術です。
固定性や骨の癒合を促す目的で、さらに金属製のプレートで固定する場合もあります。
また、骨を採取したあとの骨盤にはセラミックなどの人工物を補填する場合もあります。

動画で見る頸椎前方除圧固定術

適応となる主な疾患

頸椎椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症など

術後の経過

● ベッド上安静

プレート固定(インストゥルメンテーション)の有無、患者さんの状態、痛みの程度等によって異なります。インストゥルメンテ-ションを行った場合は、早ければ手術の翌日から首に固定装具を付けて起き上がります。

● 頸椎の固定装具(カラー)

頸椎ケージの使用の有無やプレート固定の有無、患者さんの状態により違いがありますが、完全に骨がつくまで装着します。およそ1~3ヶ月間です。また、単椎間では装着しない場合もあります。

合併症

  • 手術部位の周辺の組織や神経の損傷
  • 脊髄や神経根の損傷
  • 髄液瘻(ずいえきろう):脊髄を覆っている膜が傷つき、脳と脊髄の周囲を循環している脳脊髄液(のうせきずいえき)が外に漏れ出すこと
  • 移植する骨を採取した部分(骨盤)の血腫、感染、痛みなど
  • プレートやスクリューの折損
  • 感染
  • 深部静脈血栓症