脊椎へのアプローチ(進入)の方法

手術する椎骨の部位(脊髄の前方か後方か)、手術する範囲、脊椎の部位、患者さんの状態等を考慮して手術法や進入方法が決まります。

後方アプローチ(後方進入:こうほうしんにゅう)

背中側を切開して手術部位に到達する方法で、患者さんはうつ伏せの状態で手術をします。
一般の人であれば「脊椎を手術するなら背中から行うのが一番簡単」と考えるかもしれませんが、例えば椎間板を手術するときに背中側から進入していくと、必ず脊髄をまたがなければ治療する部位に到達することができません。
ですから脊髄を傷つけないよう細心の注意と高度な技術が必要になります。

前方アプローチ(前方進入:ぜんぽうしんにゅう)

同じ椎間板の手術でも、脊髄を避けて手術部位に到達するために、体の前面(お腹や脇腹)を切開し、内臓をよけて脊椎まで進入する方法もあります。
この場合は、内臓や大きな血管を傷つけないように注意しなければなりません。
このように体の前面から進入する方法を前方アプローチ(前方進入ぜんぽうしんにゅう)といいます。
この場合、患者さんは仰向けまたは横向きの体勢で手術をします。