腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症に対する内視鏡手術

整形外科 講師 遠藤健司東京医科大学

脊椎内視鏡手術の適応は近年拡大しています。
1997年FoleyとSmithによってmicroendoscopic discectomy(以下MED)が報告されて以来、内視鏡手術は切開が小さくてすむこと、組織破壊が少ないこと、優れた視野と照明が得られることなどの利点が強調され普及してきています。
全身麻酔をし、内視鏡を用いヘルニアを摘出や狭窄した脊柱管を拡大します。背部を1.5cm程切開して内視鏡と外筒管を挿入し内視鏡の映像を画像モニターで見ながら髄核を摘出します。
しかし従来の手術と術後の基本的な臨床成績では大きな差異はなく過大な期待は禁物です。
手術時間は1-2時間程度で傷口も小さいため目立たなく、術後の痛みも軽いといった特長があります。手術後は、おおよそ4日から8日で退院できることが多いです。

(右上に実際の手術の写真があります。クリックすると拡大します。)