脊椎手術をうける前に

勤労者脊椎・腰痛センター 小西宏昭長崎労災病院

以前多くの人達が脊椎の手術は大変危険性が高いと考えていました。椎間板ヘルニアの手術をして車椅子になった話や頚椎の手術で寝たきりになったという話は一般の方だけでなく医師の間でもささやかれてきました。
いま、医療の技術や機械の発展により飛躍的に安全性が高まってきました。その結果これまで手術を断念せざるを得なかった高齢者の手術や多くの合併症を抱えた患者さんの手術が可能となり、手術例数は飛躍的に増加しています。しかし、医療に完全というものはなく、手術後感染などの合併症はある程度の頻度で発生しているのが現状です。
さていよいよ脊椎の手術を受けるにあたって最低限確認しておくことがあります。それは手術の必要性と手術を受けなかった場合の問題点です。脊椎手術の多くは相対的適応といわれるもので、患者さんの早期社会復帰の希望や早期の痛みの緩和を目的としています。
一部の例を除き手術を行わなかった場合でも長期的にみれば改善することが多く、癌に対する早期治療とは全く次元が異なることを承知しておく必要があります。
次に手術の方法についての確認です。腰椎椎間板ヘルニアを例にとっても、レーザーによる治療や内視鏡、顕微鏡を使った方法、脊椎を固定する方法などがあります。手術方法の選択では、患者さんの年齢や活動性、ヘルニアの状態などの他に、手術をする医師がどの手術法を得意としているか、その医療機関がどの手術を主として行っているかによって決まってきます。手術を受ける側としては、自分に最も適した手術方法はいかなるもので、その方法を得意とする医師もしくは医療機関でその方法行ってもらうのが最良の選択といえましょう。
手術の直前には担当医からの説明がありますが、ここでもいくつかのポイントがあります。その医療機関における実績や合併症の頻度、手術後に予測される経過については特に詳しく聞いておく必要があります。痛みがとれてもしびれが残る例などは少なくありません。手術前の説明が十分なされていれば無用な不安は解消されます。

納得して手術を受けることこそ、手術成功の鍵といえます。